"寝癖直し"と"巻き髪セット"の2種類   

2010年 07月 08日
ヘアウォーター液体を頭に霧状に噴射して採用する。髪を固める作用は僅かしかなくて、寝癖を直す、髪に潤いを与えるし、使用して整髪料の下地などの目的で使用する。水が主成分、アルコールを溶剤としてグリセリン、乳化剤を構成する。寝癖直すときに付いているので、朝の眠気を去るためにメントールを配合して、養毛成分を配合して行うことができます。ヘアウォーターは、トリガーディスペンサーなどの液状製剤を霧状スプレー整髪剤、寝ぐせ直し、ドライヤーを使用したブロー仕上げ、ヘアアイロンとホットカーラーを利用した巻き髪スタイルを形成することを目的として使用される。ヘアブロー、ヘアミストセットローションも広い意味でのヘアウォーターに含まれている。現在は"寝癖直し"と"巻き髪セット"の2種類が最も多く使用されている。 "寝ぐせ直し"使用ヘアウォーター、髪の内部の水素結合によって形成された寝ぐせの水を与えることによって結合を切断するメカニズムに働く。寝ぐせの治療効果は、水が最も利用して、また、界面活性剤を配合して表面張力を下げ、また多価アルコールを含有し、保湿を促進させ、水を毛髪内部に浸透している。また、髪のもつれを解消するために、シリコンと液状のオイルを乳化して配合、表面の摩擦を軽減しやすい髪の状態にする。 "巻き髪セット"の使用ヘアウォーター、ヘアアイロンとホットカーラー熱を利用して、乾燥して水素結合を再形成させ、巻き髪を作る。したがって、巻き髪セットでも、水の配合が重要で、よりキープ力、光沢と風合いの改善などの付加的な機能を付与する。キープ力の付与には皮膜形成能力の高い合成高分子を配合し、光沢と風合いの改善は、シリコンと多価アルコールを構成する。特に、合成高分子、セット力、保持力、感度などの観点から、日進月歩の新しい材料が開発されており、選定の際にはセット力、皮膜特性に加えてディスペンサーの詰まりに留意する必要がある。また、フレーキング(皮膜が毛髪上から落ちて、白い粉を吹いたような状態)を生成する傾向があるので、保湿剤や可塑剤(エステル油、シリコーン誘導体)が含まれている。
[PR]

# by taitaniataitania | 2010-07-08 16:21